登記とは?

大切な財産である土地や建物について、その物理的状況(所在、面積など)と権利関係(所有者の住所氏名、担保権の有無・内容など)を、 法務局(登記所)という国家機関が管理する帳簿(登記簿)に記載し一般に公開することにより、円滑な不動産取引と安全を保障しています。

例えば,土地を買って,その所有権を他の人に主張したりするためや不動産を担保としてお金を借りるためには、 所有権移転や抵当権設定等の登記が必要となります。

また、土地の境界を明確にして、近隣とのトラブルを避けるための登記や農地を宅地にする登記、建物の権利書を作る登記などがあります。

ページ先頭へ戻る